郷土玩具の誘い



・福島県
赤べこ
会津張子人形の一つで、福島を代表する郷土玩具。
柳津の虚空蔵堂を建てる際、どこからか現れ工事を助けた赤い牛が由来だそうな。
体の赤い色は病魔を払うとされ、また白い斑点は子どもなどがかかる疱瘡を表していることから、
病児に赤べこを贈る風習が生まれたとのこと。

天正年間、会津の城主となった蒲生氏郷が、無職の武士の内職としてすすめたそうです。
胴と首の接続に工夫がしてあり、顔に触れるとゆらゆらと首を振る様子には、好感が持てます(笑)

会津若松市・山鹿興産製。


・京都府
山鉾人形・太子山(小)
木製ミニチュア。
京都といえば祇園祭ですが、祇園祭の山鉾が郷土の人形の題材とされるのは疑問のはさむ余地の
ないところでありましょう。

太子山は知恵の神様で、御神体は聖徳太子。
四天王寺を建立する際に、自ら材木を伐採したという逸話を元にしているそうな。
数ある山鉾の中からなぜ太子山かというと、学生時代、この山鉾を曳いたことがあるからです。

中京区・小刀屋忠衛門製。


・香川県
こんぴら狗
陶器人形。
金刀比羅宮にて頒布されている縁起物。
一生に一度は行きたいこんぴら参り、とはいえ、江戸当時は旅が大変なものであったため、
「こんぴら参り」と書かれた袋を首に下げ、主人の代わりにお参りをした犬があったそうで、
そういう犬を道中の人々は手厚く世話をしてあげたそうで、いい話ですね。
そんなのどかな風習で、無事にこんぴら参りを果たした犬は「こんぴら狗」と呼ばれ
大事にされたそうです。
高松嫁入り人形 鯛狆(小)
張り子人形。
香川県・高松では、花嫁が嫁ぐ時に人形を手土産にして、近所の子どもに配る風習があったそうで、
いっぱい分け与えるほど評判がいいということで様々な題材があったようです。

この鯛狆は、犬が多産・安産の象徴であることと、「帰る」を方言で「イヌ」ということから
「イヌまい、メデタイ」(嫁に行ったら帰ることはない)の語呂合わせから縁起物となっています。

和歌山県の御坊人形にも、同じような人形があるようです。

宮内張子の三代目・みき子の作。